生活習慣病

生活習慣病とは日々の生活習慣が原因となって発症する病気です。

日本人の三大死因の中で一部の癌(肺癌・胃癌・大腸癌など)、虚血性心疾患(狭心症や脳卒中)、脳梗塞・脳出血(脳卒中)や、その危険因子である高血圧、内臓肥満、高脂血症、糖尿病などは、かつて成人病と言われていました。
「成人病」という言葉は、成人になるにつれてかかる病気という意味です。つまり、自分自身のせいではなく、歳をとると成りやすい病気と考えられていました。
しかし、最近では子供にも肥満、高脂血症が増えてきており、また当然のことながら成人になって病気になる人もいれば、ならない人もいます。では成人病の原因は何かというと、加齢よりもむしろ食生活や運動習慣、職場や家庭などのストレスといった、普段の生活習慣にあることがわかってきました。そこで、「成人病」という用語は、「生活習慣病」という表現に改められました。

歳をとることは避けることはできませんが、年齢と共に皆が病気にかかるわけではありません。ところが、「生活習慣病」という言葉は、年齢と関係なく自分の日々の生活習慣が原因で発症する病気という意味です。もちろん、生活習慣病の背景には、生活習慣以外の遺伝的素因とかその方の心理的素因があることは確かです。

生活習慣病の予防には、生活習慣を見直し、健康な体を保持して病気にならないことを目的とする一次予防、病気を発見し、治療をした後の再発を予防する二次予防があります。
普段の生活習慣を変えることは、容易なことではありません。無意識のうちにそうしてしまっていることが多いからです。いざ改めようと思っても、「めんどうくさい」「忙しい」「明日からにしよう」という思いが頭をよぎってしまいます。また、「最近太ってきたけれども、まだ何の症状もないし、健康に働けているから大丈夫だろう」と考えてしまうこともあるでしょう。自由に食事をすることは一種の安定剤で日頃のストレスからの解放につながるからなお更です。
だれでも好きなものをおなか一杯食べたいし、休日くらいゆっくり休みたいものです。
まだ合併症を持っていない方はまず出来ることから初めて時間をかけても結構ですから健康的な生活習慣に変えてください。
24時間稼動する社会となってしまい理想的な生活をしたくても出来ない方も多くおられます。一人で悩まずに医師と相談されることをお勧めいたします。まず は簡単にできることから一歩一歩生活を変えていくことです。最初から理想的な生活を目指さないことが肝要ですし、成功の秘訣でもあります。

高血圧症、脳卒中、心臓病、糖尿病など、かつて「成人病」と呼ばれた病気の進行には
1)偏った食事(高カロリーの夕食、外食の機会の増加など)、2)運動不足(自動車の普及)、3)ストレス(遅くまでの残業、仕事上の悩みなど)、4)喫煙、などの生活習慣が関係している事が分かってきて、「生活習慣病」と呼ばれるようになりました。
悪性腫瘍、脳卒中、肝臓病、腎臓病、骨粗しょう症なども生活習慣病に入ります。特に高脂血症、糖尿病、高血圧の3つの症状は自覚症状がでにくいため放置される場合が多く、動脈硬化や心疾患の原因にもなります。
肥満症や高脂血症、糖尿病、高血圧などの生活習慣病は、それぞれが独立した別の病気ではなく、「肥満」特に内臓に脂肪が蓄積した肥満(内臓脂肪型肥満といいます)が原因であることがわかってきました。このように、内臓脂肪型肥満によって、さまざまな病気が引き起こされやすくなった状態を『メタボリックシンドローム』といいます。これら「生活習慣病」は正しい生活習慣「食事・運動・休養」でかなり予防できます。
またひとたび、病気にかかってしまった方でも生活習慣を改めることで進行を遅くし、症状を軽くし再発を予防することができるようになります。とくに誤った 食生活、即ちカロリー、脂肪、塩分などのとりすぎ、日々の生活の中での身体の動かし方などの見直しが重要で、かつすぐに取り組みやすいことです。

閉じる