メタボリックシンドローム

メタボリックシンドローム』の人は、動脈硬化の危険因子である「肥満症」、「高血圧」、「糖尿病」、「高脂血症」を重複して発症していることがあります。最近の研究で、これら危険因子の重複により動脈硬化のリスクが高くなることがわかってきました。

日本の企業労働者12万人を対象とした調査では、軽症であっても「肥満(BMI≧25)」、「高血圧」、「高血糖(空腹時で≦100mg/dl)」、「高トリグリセライド=中性脂肪血症(空腹時≦150mg/dl)」、または「高コレステロール血症(低HDL血症<40mg/dl、高LDL血症≧140mg/dl)」の危険因子を2つ持つ人はまったく持たない人に比べ、心臓病の発症リスクが10倍近くに、3〜4つ併せ持つ人ではなんと31倍にもなることがわかりました。

このように、たとえ異常の程度は軽くても複数の危険因子が重複しているケースでは、動脈硬化が起きやすいのです。

危険因子の数と心臓病のリスク 危険因子の数と心臓病のリスク

最近の研究により、『メタボリックシンドローム』と密接に関連しているタンパク質「アディポネクチン」が発見されました。この「アディポネクチン」 はなんと、内臓脂肪細胞で作られる超善玉物質で、内臓脂肪と相関し内臓脂肪が増えれば血液中のアディポネクチンは減少します。(アディポとは"脂肪"という意味です)、標準的な体格の人の血液中には多く存在し、内臓脂肪が増加すると、反対にアディポネクチンは減少することが明らかになりました。肥満になるほどアディポネクチンの分泌量が低下します。

同じ肥満でも皮下脂肪でなく内臓脂肪が溜まると分泌量が減ります。加えて『アディポネクチン』は肝臓などにある受容体と結合して初めて活性化するため内臓脂肪からでるアディポネクチンの作用は一層低下してしまいます。どんな人でも普段からタバコ(アディポネクチンの合成機能を弱める。ネズミの実験では喫煙後12時間で20%低下する結果も出ている)や血圧、血糖値の上昇、血中脂質、悪玉のアディポサイトカインなどによって血管が少しずつ傷つけられています。血液中を流れて全身を巡っているアディポネクチンは、血管が傷ついているところを見つけると、すばやく入り込んで修復します。従ってメタボリックシンドロームの方は血管の修復が出来なくなるため最終的には動脈硬化の進行が早くなり、それがメタボリックシンドロームの合併症である脳卒中、心臓病、腎臓病が高頻度に発症する原因です。

心筋梗塞などの冠動脈疾患の患者様ではアディポネクチンが低い群ほど死亡率が高くなります。また糖尿病患者でもこの数値が低く、インスリン感受性が低いことも報告されており、動脈硬化も高率に発現します。超善玉物質のアディポネクチン自体は経口投与ができません。これは、主成分がたんぱく質であるアディポネクチンは、胃で溶解してしまうため、食事として又薬として経口投与しても血中に移行出来ないからです。アディポネクチンを増やすには、基本は運動。激しい運動でなくても日常生活にウォーキングや体操を取り入れるだけで、数ヶ月で効果が出てきます。ウエストのサイズが小さくなれば、アディポネクチンの分泌量が増えたと考えてもいいでしょう。

閉じる