新しい治療ガイドライン

脂質異常症の診断基準(空腹時採血)

高LDLコレステロール血症

LDLコレステロール≧140mg/dL

低HDLコレステロール血症

LDLコレステロール≧40mg/dL

高トリグリセライド血症

トリグリセライド≧150mg/dL

この診断基準は薬物療法の開始基準を表記しているものではない。
薬物療法の適応に関しては他の危険因子も勘案し決定されるべきである。

LDL-Cは直接測定法を用いるかFriedewaldの式で計算する。
(LDL-C=TC-HDL-C-TG/5(TGが400mg/dL未満の場合))
TGが400mg/dL以上の場合は直接測定法にてLDL-Cを測定する。

動脈硬化性疾患予防ガイドライン2007年版より

リスク別脂質管理目標値

治療方針の原則

カテゴリー

資質管理目標値(mg/dL)

 

LDL-C以外の
主要危険因子※

LDL-C

HDL-C

TG

一次予防
まず生活習慣の改善を行った後、薬物治療の適応を考慮する

1
(低リスク群)

0

<160

≧140

<150

2
(中リスク群)

1〜2

<140

3
(高リスク群)

3以上

<120

二次予防
生活習慣の改善とともに薬物治療を考慮する

冠動脈疾患の既往

<100

脂質管理と同時に他の危険因子(禁煙、高血圧や糖尿病の治療など)を是正する必要がある。

※LDL-C値以外の主要危険因子
加齢(男性≧45歳、女性≧55歳)、高血圧、糖尿病(耐糖能異常を含む)、喫煙、
冠動脈疾患の家族歴、低HDL-C血症(<40mg/dL)

・糖尿病、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症の合併はカテゴリー3とする。

・家族性高コレステロール血症についてはChapter6【原発性高脂血症の項】を参照のこと。

動脈硬化性疾患予防ガイドライン2007年版より

一次予防とは合併症の発症予防、二次予防とは合併症発症後の再発予防のことです。
私の意見は合併症が出てから必死になって治療するのではなく
最初から厳重な治療をして合併症の発症を防ぐべきと考えて日々の診療を行っています。

閉じる